2013 年 2 月 のアーカイブ

展示のおしらせ

2013 年 2 月 27 日 水曜日

今日はいっぱい更新してるので、よかったら下の方までまでみてくださいね。

anuttara_dm_omote3

西淑個展「ゆうべのスープ、あたらしい朝のおんがく」

2013.3.17(sun)〜3.31(sun)
close    3.24/25
(17日は17時オープン、18日は営業いたします)

3.17 (sun) opening party
17:00 open
出店  パタゴニアの南喫茶店(ナチュラルワインとイタリア田舎料理)

3.31 (sun) closing party
Live   Water Water Camel
Food アジア食堂 歩屋(高知のお野菜モリモリ東南アジア料理)
17:00 open | 18:00 start
¥4,000 (料理代込)

ご予約・お問い合わせ:anuttara_info@ybb.ne.jp

anuttara
〒400-0501山梨県南巨摩郡富士川町青柳町1057

——

個展やります。今回は山梨です。
昌福寺さんというお寺のカフェ「anuttara」

nice time cafe育てるキッチンがはいってます。
なんだかうまく説明出来ないけど。

すごくすごくすてきな場所。
昌福寺の湛教さんと祐子さん、ふしぎな縁でつながって、
こんなすてきな機会を与えていただきました。

17日のオープニングでは、キャメルのメンバーでもあり、
パタゴニアの南喫茶店の店主でもある斎藤さんのごはんと、
ナチュラルワインが楽しめます。

31日はWater Water Camelのライブと
アジア食堂 歩屋のあゆみさんが、高知からやってきてくれます。
terzotempoのコーヒーも飲めるそうです。
こちらは予約はじまっています。おはやめにー。

お近くのかたも、遠くの方は、旅行気分で、
いかがでしょうかー?

もう死ぬのではないかと思うくらい
贅沢をさせていただいている。。

掲載誌のお知らせ

2013 年 2 月 27 日 水曜日

kamimono「かわいい紙もの手帖」パイインターナショナル

名刺やDM、デザイン、イラストをかかせていただいた紙ものを
いろいろ載せていただいてます。

ほかにもかわいい紙ものがいっぱい載っててたのしいです。

お仕事

2013 年 2 月 27 日 水曜日

okomori交通新聞社 散歩の達人 ムック
「おこもりカフェ」

「渋カフェ」「空カフェ」ときて、三冊目は「おこもりカフェ」

今回も表紙から中身までイラスト担当させていただきました。
すてきな喫茶やカフェが盛りだくさんです。ぜひぜひ。

お仕事のお知らせ

2013 年 2 月 27 日 水曜日

yuki1

「わたしが降らせた雪」
グレースマクリーン(著)堀川志野舞(翻訳)
早川書房

カバーイラストを描かせていただきました。
物語もすごくおもしろくって、ぐんぐん巻き込まれました。
ぜひ手に取ってみてください。

お仕事のおしらせ

2013 年 2 月 27 日 水曜日

shituren

失恋のおくすり(アスペクト文庫)
バンビス スノーフラワー著

カバーイラストと中の線画も描かせていただきました。
ぜひご覧ください。

5

お仕事のおしらせ

2013 年 2 月 27 日 水曜日

rflbeもう終わってしまいましたが、
阪神梅田本店のバレンタインの催しで参加させていただいておりました。

甲斐みのりさん×手紙舎さんのコラボラッピングシールとメッセージカードで
ネコのイラストを描きました。

路地裏ショコラ党

2013 年 2 月 13 日 水曜日

image02111

ギャラリーyolchaさんでのイベント、
「路地裏ショコラ党」に参加させていただきました。まさかのお菓子で出店です。
浜さんの繊細な展示、ギターにピアノに、チェロの心地よい日替わりの音楽に
西絢香ちゃんのコーヒーとお菓子。贅沢な3日間でした。
写真は今回作ったチョコレート菓子たち。

とっとりとりどり展のDM

2013 年 2 月 13 日 水曜日

toridori_

恵文社さんで開催されるとっとりとりどり展のDMを描かせていただきました。
恵文社さんでも配布されているようなので、みかけたらぜひ手にとってください。

鳥取のすてきなものがたくさんやってきそうですねー。
酵母ワークショップ行きたかった。。

恵文社さんブログ

『ロマンチックな列車』

2013 年 2 月 13 日 水曜日

宣伝美術、車内の装飾を担当させていただきます。

camel_dm3

バレンタイン=女性から男性に告白する日
というイメージにとらわれず、女性でも男性でも、
好きな気持ちを告白するきっかけの日になればいいし、
誰かを愛しく思う日になればいいと思います。

移動する電車が舞台のライブ。ロマンチックな旅のはじまりです。
心にポッカリ空いた穴ぼこを埋めるのは、

旅であり、愛しい誰かであり、
WATER WATER CAMELの音楽です。
———————
『ロマンチックな列車』

WATER WATER CAMELライブ「今でも僕は時々君に恋をする」〜
【日時】

2
14日(木) 受付:1930/開始:2010/終了:2140分頃
【料金】
3200円(出町柳駅〜八瀬比叡山口駅の往復乗車賃込み)
*日菓の特製お菓子『恋する瞳』付き
【WATER WATER CAMEL】

物語を綴るような、ドラマチックなサウンドと曲構成。
齋藤キャメル(vo.gt.)、田辺玄(gt.soundeffect)、須藤剛志(b.)の
幼なじみである3人で、1995年地元山梨の中学校で 結成。

築地本願寺などの寺院ライブや、AppleStoreでの音楽制作ワークショップのほか
「空中クロール」をメインに多くのイベントを主催するなど 多彩な活動を展開。
2009年に3rdアルバム「さよならキャメルハウス」、
2012年に4thアルバム「おんなのこがわらう時」をリリース。

http://wwc-journal.com/

———

【共催】叡山電鉄株式会社、熊谷充紘(ignition gallery
【お菓子】
日菓
【車内装飾&宣伝美術】
西淑
PAnight cruising
【協力】
鷹取愛(prinz)、うめのたかし(ガケ書房)
【企画】
ロマンチック叡電プロジェクト